現在の目標  6月〜7月を目安に
70kg以下になって健康診断!

常備しておきたい健康&ダイエットに最適な食材いろいろ
(独断と偏見で選びました)

たまねぎ トマト わかめ 納豆 大根 そば 高野豆腐
豆腐 大麦 大豆 パスタ にんじん
しょうが ごま 唐辛子 からし わさび ターメリック(うこん)

2015年02月13日

心臓の痛みはほぼ無くなった。腰痛も改善しつつある。1日で1キロ減った理由。

心臓について

2月の最初に心臓が痛くなった。
多い時は1日に10回くらいだろうか・・・?

もしかしたら、心臓神経症ってやつだったのかもしれない。
簡単に言えばストレス。

過去記事参照
心臓の軽い痛みは【狭心症】か【心臓神経症】の可能性が高い
http://kenkoushokujidiet.seesaa.net/article/413654134.html

ここ数日は、ほとんど心臓の痛みはない。
一応、心臓や血管に良いとされる食材を意識的に食べているが
そんなに簡単に体に影響が出るとは思わない。

むしろ、精神的に「安心感」が得られたことが大きいと思う。
やっぱり、「気持ちの問題=ストレス」だったのかもしれない。


腰痛について

腰痛に関しては、
ストレッチ中に腰が「バキッ」鳴って以来、
少しずつ調子が良くなってきていると思う。

逆に、
腰を「バキッ」と鳴らしたことで
それ以来数か月間に渡って痛くなった、
ということも過去にあった。

いわゆるヘルニア的な状態に近いんだろうか。
神経を圧迫するようなポジショニングになったりならなかったり・・・
腰を鳴らすたびに何かズレみたいなものが生じているのではないだろうか。

最近は少しずつ腰痛も良くなっているので
このまま腰のストレッチは続けていこうと思う。
あと、
実を言うと右の股関節のストレッチが
腰に影響を与えているようだ。

子供のころから右の股関節が少しおかしいが
これが腰にも影響を与えているようだ。

今思い出すと、
以前にも、ストレッチがマイブームの時に、
右の股関節を十分ストレッチし続けているときは
腰痛が無くなっていた。

今後はただのブームで終わらせずに
腰や股関節、その他全身のストレッチは
続けていこうと思う。

継続は力なり、だ。



体重が1日で1キロ減った原因

昨日73.6キロだったのが、今朝は72.6キロになってた。
ここんところ、ずっと体重にほぼ変化がなかったのに、
突然1キロガクンと減った。

原因を考えてみた。

朝 なし

昼 納豆玉ねぎワカメそば

おやつ フランスパンと牛乳少々

夜 大量の鶏のから揚げと水菜サラダ

運動はほぼ無し。

だいたいこんな感じだった。

夜には腹いっぱい鶏のから揚げを食べたのに、
体重が落ちるとは思わなかった。

原因は、1日トータルでの食事量が少なかったことと、
もうひとつ、
夜に炭水化物をほぼ取らなかったことが大きいと思う。

今後も炭水化物は出来るだけ少なく、
食べる時は朝か昼にして、
できるだけ夜は食べないようにしていきたい。

少しずつ、生活のスタイルを変化させていこうと思う。

目指すのは6月の健康診断で良い結果を出すことだ。
それまでになんとかもっと体重を落として
もっともっと健康体になっておきたい。

決めた。
健康診断までに70キロを切る!!












【最近の体調を記録しておくの最新記事】
posted by yoshi-ken at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の体調を記録しておく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月09日

【カレー最強】 スパイスを多めに入れ、市販のルウ(塩分)を少なめに

随分前の「主治医が見つかる診療所」っていう番組で、
カレー最強説、みたいなのをやっていました。

録画してあったHDに
カレーの作り方など一部分だけ
保存しておいたので今さら見直してみました。

カレーの大きな効能3つ
高血圧の予防(スパイスを多めにして塩分を減らす)
動脈硬化の予防(栄養素ごと煮込んだ野菜の効果)
認知症をストップ(ターメリック内のクルクミンが作用)




鎌田医師考案「減塩カレー」
通常のカレーライスは塩分約3.0gなのに対し、
鎌田医師考案の減塩カレーライスは塩分約1.7g。
高血圧の予防になるということです。

重要なポイントは
多めに使うスパイス

こうすることで塩分が少なくても物足りなさは感じなくなります。

鎌田医師考案「減塩カレー」
クミン 小匙1
コリアンダー 小匙1
カルダモン 小匙1
ターメリック 小匙1
ガラムマサラ 大匙1

鶏肉 300g
タマネギ 1個
ニンニク 1片
ショウガ 少々
赤唐辛子 1本
エゴマ油 大匙2
カレー粉 適量
水 800cc
ウスターソース 小匙1
トマトケチャップ 小匙1
醤油&塩 少々
(鶏肉漬け込み用 ヨーグルト450g カレー粉大匙1)



そういえば、イチロー選手は毎朝カレーを食べているらしいですね。
あれだけストイックなイチロー選手が
何の根拠も無しに毎朝カレーを食べ続けているわけがない。

本で読んだのか、医師に勧められたのか、
あるいは自分自身の体験からくるのか・・・いずれにせよ
イチロー選手には、「カレーは体にいい」という確信があるはず。

さすがに毎日は無理としても
今後は私もスパイスたっぷりなカレーを
生活に取り入れていこうと思います。




posted by yoshi-ken at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月07日

動脈硬化を予防する食材 食物繊維 ワカメ たまねぎ 納豆 そば・・・など。

最近、心臓の辺りが痛いので調べてみたが、
狭心症の可能性があることが分かった。

狭心症の主な原因は動脈硬化だという。
そこで今回は「動脈硬化」について調べてみようと思う。

動脈硬化の主な原因で、
私にとって心当たりがあるのは・・・
高血圧、糖尿病、肥満、運動不足、ストレスなど。


う〜〜ん・・・心当たりがあり過ぎる。
自分にできることは大きく分けて2つ。
それは、「食事の改善」「運動の習慣化」だ。

食べる量を減らすことは当然として、
では、何を食べると動脈硬化の予防になるのか?
理屈はさておき、具体的に食材名を挙げていきます。

動脈硬化を予防する食材
(血液をサラサラにする食材も含む)

野菜(食物繊維)
納豆
お酢、梅干し
イワシ、サバ、サンマ
緑茶、玉ねぎ
昆布、ワカメ
ビタミンE、ビタミンC
ごま
そば
トマト
オリーブオイル


逆に、たくさん食べると良くない食材
肉類、乳製品、タマゴ
塩、砂糖、果物



今後は、スイーツは自粛していきたい。
チーズやタマゴも出来るだけ減らしていこう。
肉も毎日食べるのはやめよう。

できることからコツコツと始めていこう。





参考文献

高血圧・動脈硬化症 - ケアごはん
http://caregohan.jp/sickness/ketsuatsu.aspx

動脈硬化を予防する食事法は? - セルフドクターネット
https://www.selfdoctor.net/q_and_a/2002_05/doumyakukouka/10.html

血液をサラサラにするには|オムロン ヘルスケア
http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/guide/arteriosclerosis/06.html




posted by yoshi-ken at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動脈硬化を予防する食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おかゆには10の効果があるという話。

先日、お坊さんが出てる番組で
おかゆの効能についてちょっとだけ取り上げていました。

おかゆを食べると、10の得があるそうで。
これを「粥の十徳」と言うそうです。

粥の十徳

「色」血色や肌つやが良くなる。

「力」体力が増す。

「寿」寿命を延ばす。

「楽」(胃に優しいので)身体が楽になる。

「詩清弁」頭が良くなり言葉が流暢になる。

「宿食除」胸焼けや胃もたれなどが治る。

「風除」風邪を治し予防する。

「飢消」空腹を満たす。

「渇消」のどの渇きを癒す。

「大小便調適」大小便のお通じが良くなる。


う〜〜ん・・・

今度からおかゆ、週イチくらいで食べようかな。



posted by yoshi-ken at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食事あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心臓の軽い痛みは【狭心症】か【心臓神経症】の可能性が高い

今日は心臓の痛みについていろいろと調べてみよう。

まず、心臓付近が痛む病気には様々なものがある。
めちゃめちゃ多い。
心臓血管系
呼吸器系
消化器系
整形外科系
精神神経科系
などなど。

激痛が走るとか、脂汗ダラダラとか、呼吸困難とかなら、
原因を調べるまでもなくとりあえず病院へ行くべきだろう。

こちらを参考にしてみる。
http://health.goo.ne.jp/medical/chart/002.html
いろんなサイトがあったが、ここが一番パッと見で分かり易いと思う。
自分の症状を表に照らし合わせれば、すぐに絞り込める。

私の場合は1日に何度かチクチクと痛む程度なので、
狭心症か、もしかすると、心臓神経症というやつかもしれない。

狭心症の主な原因は動脈硬化、
心臓神経症の原因はストレスや疲労らしい。

う〜〜ん・・・これは、狭心症の可能性が高いかなぁ・・・。
糖尿病の人は症状が軽めに感じる人が多いらしいし。
狭心症 「症状の現れ方」から一部抜粋
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10620200.html
代表的な発作の症状としては、胸の奥が痛い、胸がしめつけられる・押さえつけられる、胸が焼けつくような感じ、などがあります。大多数は胸部の症状として現れますが、上腹部(胃のあたり)や背中の痛み、のどの痛み、歯が浮くような感じ、左肩から腕にかけてのしびれ・痛みとして感じることもあります。
 また、痛みの程度は、冷汗を伴う強いものから、違和感程度の軽いものまであります。とくに糖尿病の患者さんは、病変の重症度に比べて、症状を軽く感じることが多く、注意が必要です。


今後も毎日のように心臓付近が痛いようなら
速やかに病院へ行った方がよさそうだ。

このサイトも分かり易そうだ。
胸が痛い(胸痛) -メディカルiタウン
http://medical.itp.ne.jp/byouki/shoujou/mune-itai/

心臓神経症 http://medical.itp.ne.jp/byouki/060322000/
どんな病気か
胸痛、動悸(どうき)、息切れ、呼吸困難、めまいなど、心臓病によくみられる症状を示しているにもかかわらず、心臓を検査しても何も異常が見つからないものを、心臓神経症といいます。これは心臓病というよりはむしろ「こころの病気」というほうが正しいといえます。
原因は何か
心臓神経症の原因としては、ストレス、過労、心臓病に対する極度の不安などが考えられます。ストレス、過労、不安感などは心臓のはたらきを活発にする交感神経を刺激します。すると、心拍数が増え、動悸を強く感じたりします。一度こうした症状を感じると、「自分は心臓病ではないか?」という不安が生まれ、その不安が徐々に大きくなるにつれて、胸痛、呼吸困難、めまいなどのより大きな症状を感じるようになってしまうのです。


う〜〜ん・・・こっちかもしれないなぁ・・・。
「心臓病になるかも・・・?という不安が原因」
って可能性は大いにある。
なぜなら、実際にそういう不安がかなりあるからなぁ・・・。

もしもストレスが原因なら、それを取り除いてやればいいだけのこと。
ストレスの原因は、不健康な生活を続けているからに他ならない。

今後、食事に気を付け適度に運動し、
規則正しい生活をおくれば、ストレスは無くなるはずだ。

とりあえず、もうすこし様子を見てみよう。



こちらも参考にしてみよう。

【胸の痛み.com】〜狭心症〜
http://muneitami.com/kyousinsyou.shtml
【胸の痛み.com】〜心臓神経症〜
http://muneitami.com/sinzousinkeisyou.shtml


ここも分かり易い。
タケダ健康サイトホーム > 症状・疾患ナビ > 胸の痛み(胸痛)
http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=muneitami



posted by yoshi-ken at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心臓の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月06日

最近、心臓、右膝がやばい。 あと腰痛。

心臓、右膝、腰が痛い。
右手の甲の乾癬は治りつつある。



ここ数日、心臓付近が痛い。
こんなに頻繁に心臓が痛いのは初めてだ。

もう、老い先長くなさそうだ。
年末年始の暴飲暴食や不規則な生活が災いしたか・・・。

それと、寝る前や朝方、右膝に痛みが出る。

ランニングやウォーキング中や直後に
痛いことは日常茶飯事だったが
何もしていないのにこれだけ痛いのはかなり深刻だ。

それと、右手の甲の乾癬?は治癒しつつある。

あとはなんだろう・・・

あ、腰痛が酷い。

周期があるのかなんなのか、
全く痛くない時期と四六時中痛い時期があるが、
今はMAXで痛い時期だ。

それにしても、心臓が頻繁に痛いのは参った。
突然死とかも無きにしも非ずだ。

身辺整理をしておかないと。
死んだ後に、遺品を整理する人に
できるだけ迷惑をかけないようにしたい。

外出から帰ってきたら、
心臓に良い食べ物、悪い食べ物、
心臓病の予防法などについてちょっと調べてみよう。




posted by yoshi-ken at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の体調を記録しておく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月04日

人間の体は何カ月で全部入れ替わるのか? 新陳代謝のサイクル

諸説あるようですが・・・

あるサイトでは、
皮膚は28日
胃腸は40日
血液は127日
肝臓・腎臓は200日
骨は200日

また別のサイトでは
肌の細胞は28日
心臓が22日
胃腸の細胞は5日
筋肉・肝臓2ヶ月
骨3ヶ月

また別のサイトでは
血液120日
肌の細胞は28日
心臓は22日
胃腸は3日〜7日
骨は2年

また別のサイトでは
筋肉や肝臓60日周期
心臓22日周期
胃腸5日周期
骨3か月
血液4か月

骨が3か月で入れ替わるという説もあれば
2年かかるという話もありますね。
あるサイトでは、
一つの骨がそっくり入れ替わるのに3〜4か月、
全身の骨すべてが入れ替わるのは3年とありました。
この解釈でOKと思われます。

他はおおむね、同じような意見のようです。

まとめてみますと、
サイクルが短いものから順に
胃腸5日間
心臓3週間
皮膚4週間
筋肉、肝臓2カ月
血液4か月
骨(全部)3年
ということのようです。


ということで、今から逆算して
4か月間食事に気を付けて、
体を(骨以外)総入れ替えしてから
健康診断に臨みたいと思います。

今2月ですから、しっかり肉体改造できれば
6月には健康診断で良い結果が出るはず。

目標!6月の健康診断!!



posted by yoshi-ken at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新陳代謝のサイクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月31日

お手軽!手間いらず!サッと作れて健康に良い!大根とワカメのサラダ

最近、ほぼ毎日食べています。
大根とワカメのサラダ。

作り方は超簡単。
しかも、使用する食材や調味料は健康に良い物ばかり!
安いしダイエットにも最適!

用意する食材&調味料

大根
ワカメ
ポン酢
すりごま
チューブ入りしょうが

たったこれだけ!

事前の準備として乾燥ワカメを水につけて戻しておきます。
(毎回1食分ずつ水で戻すのは面倒なので、
 私の場合は事前に大量に戻したワカメを冷蔵庫にストックしてあります。)

1.大根を拍子木切り(ひょうしぎ切り)します。

2.水で戻したワカメ適量と先ほどの大根をポン酢であえる。

3.お好みでしょうが、すりごま、七味唐辛子少々を加える

たったこれだけで完成!

入っている材料はすべて、体にいいものばかり!

今の私の一押しの一品です。

私の場合は、ダイエットもかねて
食事の前にまず麦茶や水をコップ一杯飲み、
そのあとに「大根とワカメのサラダ」を食べ、
それから本格的に食事をするようにしています。

本格的な食事の前に、
ある程度おなかが膨れてくれるので
トータルで炭水化物などを食べ過ぎなくて非常に良いです。

最近はおなかの調子も良くなってきている気がします。

便秘やダイエットに効果ありそうです。

オススメです!
posted by yoshi-ken at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ!簡単・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月19日

「寝起きに一杯の水、絶対にダメ」という記事を発見

こんな記事を発見しました。

冬に増加する口臭の予防法 起床時に水を飲んでは絶対にダメ
NEWSポストセブン(2015年1月19日07時00分)
http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_298659

一部抜粋しましょう。
「起床時、口内の細菌数は最も増加。睡眠中は唾液の分泌が抑制され、自浄作用が働かず殺菌・抗菌作用が著しく低下するためです。
 寝起きに水や白湯を飲む人がいますが、これは就寝中に増殖した雑菌をそのまま飲み込むことになるので、やめてください。朝起きたら、まず口の中に溜まった唾液を吐き出して、口をゆすぎ、歯を磨いてから水を飲みましょう」


本当でしょうか・・・?

多少の雑菌など、
胃に入ってしまえば全然問題ないような気もしますが・・・

しかし、確かに起きたばかりの時は
唾液が少なくなってるような気がしますし、
口臭が気になるときがあります。

今までは起きたらまず、
麦茶を一杯飲んでいました。

今度からは、まず唾液を吐き出して、
口の中をゆすいでから
麦茶を飲むことを意識したいと思います。

ただ、朝食の前に歯磨きをするのは
味覚が変わってしまいそうで
ちょっと抵抗がありますね・・・。

posted by yoshi-ken at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起床時のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに

このサイトでは、健康にまつわるあらゆることを取り上げていきます。

スロージョグ、ヨガ、ピラティス、
ストレッチ、筋トレ、ドローイング・・・
などの運動に関すること。

低炭水化物ダイエットや、
高血圧や糖尿病に効果的な食事、
便秘に効く食材、血液をサラサラにする食材・・・
などの食事に関すること。

睡眠や食事の時間、ダイエットなど、
生活のリズムやライフスタイル、
そしてメンタルに及ぶ部分も含んだ
健康的な生き方全般に関すること。

健康にまつわることなら、
どんどん取り上げていこうと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

管理人 吉田
posted by yoshi-ken at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。